口腔内乾燥症とは

口腔乾燥症(ドライマウス)とは

口腔乾燥症とは、唾液腺の障害によって唾液の分泌量が低下することで、口腔の乾燥感が生じる症状のことを言います。軽度では、口腔内のネバつきやヒリヒリ感、歯垢の増加、口臭の悪化などの症状が見られ、重度になると、さらに強い口臭、舌表面のひび割れ、口内炎や口腔カンジダ症などのリスクが高まるほか、咀しゃく、嚥下、味覚、などに障害をきたすケースもあります。

 

唾液には抗菌作用があり、口腔内の雑菌の繁殖を防いでいます。そのため、慢性的な口腔乾燥症の方は雑菌が繁殖しやすく、虫歯や歯周病のリスクが高まってしまうのです。

口腔乾燥症の原因

口腔乾燥症の原因としては、以下のようなものが考えられています。

生活習慣 ■ 濃い味付けの食生活
■ 野菜や酢の物を食べないといった偏食
■ 口呼吸
■ 過度のストレス
■ 咀嚼回数の減少
■ 水分摂取不足 など
疾患 ■ 歯周病
■ 糖尿病
■ 甲状腺機能亢進症
■ 肝硬変 など
薬の副作用 ■ 抗ヒスタミン薬
■ 抗うつ剤
■ 鎮痛剤
■ 抗パーキンソン剤
その他 ■ 加齢による唾液分泌量の低下
■ 放射線療法による唾液細胞の破壊
■ ビタミンの欠乏 など

口腔乾燥症でお困りの方は当院へ

「最近なんだか口が乾いている気がする……」とお感じの方は、もしかすると口腔乾燥症かもしれません。口腔乾燥症は、虫歯や歯周病のリスクを高めるばかりか、様々な疾患や口腔障害を招く危険性もある症状。「ただ口が乾いているだけだから」と油断せず、まずは一度当院までご相談ください。