歯周病治療

歯周病とは

歯周病(歯槽膿漏)は大きく分けて、歯肉炎と歯周炎にわけられます。
日本人では、歯肉炎は10~20代前半で60%、50才代で80%の人がかかっていると言われています。かかっている人が多いからといって油断してはいけ ません。歯は一生付き合ってゆくものです。放っていると取り返しのつかないことになります。

歯周病の直接的な原因はプラークにあり、その他様々な因子が関わって病気を引き起こします。定期的に歯科医院に通って、歯石を取り除くのはもちろん、事前 に発見し防ぐなどの予防をしてください。

どんな症状?

歯槽膿漏とは歯槽骨のあたりから、膿が漏れ出してくることから、そう呼ばれるようになりました。歯科医には辺緑性歯周炎、歯周病などと言われています。
歯槽膿漏は自覚症状がほとんど感じられない病気で、気づいたときには、ボロボロになり、食事も困難になるほどの恐ろしい病気なのです。

インプラント

審美歯科

メンテナンス